デザインの魅力が半減!こんなネイルデザイン写真はNG!

ネイルチップやお客様の施術写真。せっかく投稿するならまだ見ぬ未来店のお客様にしっかりと魅力をアピールしたいですよね。 この記事では意外とやってしまいがちな失敗例の写真を紹介します。「あ!これやっちゃってる!」と思い当たるものがあったら、ぜひ改善していきましょう。

4.17K

更新:2020/2/20公開:2020/2/20

過度なぼかし

ネイルデザインをお客様に見てもらうのが目的なのに、デザインがわからなくなるほどぼかしては意味がありません。
ぼかし加工をするなら、背景を軽くぼかす程度にとどめましょう。デザインにはすべての指にピントが合っている方がキレイに見えます。
せっかくのストーンやデザインが見えにくい例

チップが散らばりすぎ

チップは手への施術ではないので、実際に自分の爪に乗せた時のイメージがしにくいです。
さらにバラバラに置いていては、全体のデザインが把握しにくくなってしまいお客様に魅力をきちんとアピールできません。

ネイルチップある程度規則性を持って並べ、デザインの全体像が伝わるようにしましょう。
参考記事→デザインの魅力を引き出すネイルチップの並べ方・撮り方まとめ

おしゃれさを意識しすぎ

「より目に留まるように」とアーティスティックな構図の写真もありますが、こちらも実はNG例です。
ネイル写真が並ぶ中で、一瞬目を引くのは確かです。でもそのデザイン投稿を開いてみたら、ネイル部分が小さすぎてほとんど見えない・・・それではお客様をがっかりさせてしまいます。

ネイルブックはInstagramと違い、「お気に入りのデザインを探す→予約する」までの流れが出来上がっています。
一瞬目を引くおしゃれな写真より、デザインの魅力がきちんと伝わる写真が理想です。下の例のような写真を入れたい場合は、ネイルがアップになっている写真も一緒に投稿するといいですよ。

派手な小物を持たせている

小物をお客様に持たせている写真もよく見かけます。ネイル写真のポーズを取るのは、なかなか難しく物を持ってもらうことで安定させやすいので、テクニックとしては間違いではありません。

でも、持ってもらう小物には注意したいところ。造花やダイヤの置物は定番ですが、デザインと合わない派手な増加や視線を奪ってしまう大きなダイヤは写真全体が垢抜けない印象になってしまうことがあります。

ものを持たせつつ、ネイルデザインに目がいく写真は構図が命。小物に頼らない、ネイルデザインを引き立てるポーズでもぜひ撮影してみてください。
参考記事→自慢のネイルデザインの魅力を最大限に引き出すポーズまとめ
小物が目立ちすぎている例


引き立て役のはずの小物のせいで逆にバランスが悪くなっている

ネイルチップ写真で特に多く見かけますが、小物が多すぎるのもせっかくのネイルが目立たなくなってしまうNGパターンです。

チップを並べた写真を見て「なんだか地味だな・・・」と小物を入れたくなってしまうネイリストは多いと思います。でもデザインに合わないドライフラワーを入れたり、ネイルが埋もれるほどの小物を配置するのはNG。あくまで主役は「デザイン」そのことを常に意識しましょう。


背景がうるさい

小物と同じくやりすぎになりがちなのが背景です。

背景色とネイルチップが同化してしまっていたり、花柄など華やかなデザインのネイルに背景も造花、POPなデザインなのに背景はカントリーな木目調などチグハグな組み合わせ・・・そんな写真になっていないかチェックしてみましょう。

また、「ダイニングテーブルで撮りました」といった生活感が漂う背景もあまりよくありません。最近は100円ショップやバラエティショップなどで撮影用背景が手軽に手に入るので、まずはシンプル目なシートを何枚か用意するといいでしょう。
参考記事→絶対揃えるべき! 写真のクオリティが上がる撮影ツール3種の神器!


派手すぎるフレーム・スタンプ

お正月、バレンタイン、クリスマスなどシーズンイベントに合わせたり、目立たせようとフレームやスタンプをつけるのも逆効果です。
派手すぎるフレームやスタンプが悪目立ちしてしまい、ネイルデザインに目がいかなくなってしまいます。

キラキラエフェクトもよく見かけますが、せっかくのデザインを安っぽくみせてしまう場合があるので控えた方がいいでしょう。

過度な文字入れ・イメージと合わないフォント

お客様にアピールする目的でセールスポイントをネイルデザインの画像そのものに入れているパターンも見受けられます。
特多いのが「定額○○コース、○○円!」「キャンペーン実施中!」などの安売り感が出てしまう文字入れ加工です。

ネイルブックではネイルデザイン投稿にInstagramのようにテキストをつけられます。デザインに関するコメントはテキスト欄に入れられますし、記入できる項目やメニューを表示できる機能などが充実しているので画像自体に文字入れ加工する必要はありません。

まずはデザインを気に入って来てもらうことを意識した方が効果的なので、スーパーのチラシのような目立たせ方は必要ありません。
ネイルブックのデザイン投稿ガイドラインでも、ネイルデザインの邪魔になる文字入れは「ネイルデザイン共有サービス」という基本に反しているのでNGとしています。

ネイルサロン名やサロンロゴを入れるのはOKですが、その場合もフォントには気をつけましょう。エレガントなデザインなのに丸文字系のフォント、会社の書類のような硬い印象のフォントなど、イメージと合わないフォントはいい印象を与えません。

とはいえ、フォントのチョイスはプロのデザイナーでも頭を悩ませる難しい作業。今は個人に安価でロゴデザインを頼めるサービスもあるので、利用してみるのもいいですよ。


写真が暗い・色味が極端

せっかくのキレイなネイルも、暗い写真では台無しになってしまいます。
ネイルブック特集のアイキャッチ画像でも明るいものが選ばれやすいように、適切な明るさは必須です。

写りが暗いと肌も赤黒く見えてしまってお客様にも喜んでいただけないかもしれません。「自分がもらって嬉しい施術写真か」を意識してみましょう。明るさは撮影の段階で調整しておいた方が、違和感のない自然な写真に仕上がります。

また極端に青み・黄みがかっているなども手が不健康に見え、イマイチな印象になります。

過度な美肌加工、シワ消し

暗い写真とは真逆の「明るすぎる、美肌加工をしすぎる」写真も今ひとつです。

お客様に写真を撮らせてもらうときに「綺麗に加工してね!」とおっしゃる方もいるでしょう。しかしシワの1本もないほどの過剰な加工や皮膚の質感がなくなったマネキンのような手の写真では逆に失礼に思われる可能性も。
シワが全くない手や足の指はないので、やりすぎは不自然ですし、来店を検討しているお客様に実際の施術と仕上がりイメージが違いそう・・・とネガティブな印象を与えるかもしれません。

同じように、明るく飛ばしすぎた写真も、実際と色味などがかけ離れすぎていて来店時にがっかりされることもあります。
デザイン投稿はキレイなネイル写真を見せることが目的ではなく、そこから来店に繋げるための投稿なのです。「デザインを気に入ってきたのに、全然仕上がりが違う。がっかり」と思われないためにも、加工しすぎには注意しましょう。


コラージュ

複数の写真をコラージュで1枚にまとめるのも、アピール力が下がってしまいやすい投稿です。
ネイルデザインが見えにくくなりますし、なんとなく古臭い印象を与えます。
親指のデザインを卒業写真のように配置するのも、非常に見づらいのでオススメしません。

複数の写真を1投稿にまとめたい場合は「複数枚投稿」をしましょう。複数枚投稿では最大4枚までの写真をまとめて投稿できます。
通常通りネイルデザイン投稿をする際に写真をタップで複数選択するだけなので簡単です。コラージュより手間をかけずに効果的な投稿ができるので、ぜひ使ってみてください。



画像に入りきっていない

中途半端に指が切れている、不自然な余白が多いなど被写体がきちんと画面に収まっていない写真もマイナスな印象を与えます。

特にスマホではなく、ミラーレスカメラなどで撮影し後からスクエアに加工する場合にミスしやすいパターンです。
ミラーレスカメラでも撮影の時点でスクエアにする機能を搭載している機種もあります。ない場合も必要以上にアップにせず、やや引いてて全体を撮影しておくことで後からトリミングで調整ができます。

ネイルデザイン投稿の1枚目は全体がわかる写真、ピンポイントでデザインをアップにした写真は2枚目にするなど複数枚投稿を使ってアピールすると良いでしょう。
参考記事→ネイルデザインの複数枚投稿を正しく使っていいね!数を増やそう!

集客レシピの撮影記事を参考に!

集客レシピでは、ネイルデザイン撮影のスキルアップのための記事を不定期で公開しています。ぜひ過去に公開されている記事も参考に、撮影・投稿をしてみてください!

執筆・編集

fan
ネイルブック集客レシピ編集長:竹久 真生

ネイル撮影に関する記事をもっと読む!

この記事のカテゴリ

ネイルサロン集客レシピに関するアンケート

ネイルブックではサービス向上のため、ネイルサロン様にアンケートのご協力をお願いしております。
ネイルサロン集客レシピの取材記事にご協力いただける方、読みたい記事に関するご意見など、
ネイリストの皆様からのご意見お待ちしております✰⋆。:゚

お気に入りに追加しよう♡

お気に入りに追加すれば、メニュー>お気に入り記事からいつでも読み返せるようになります♡
お気に入り登録はTOP画像右のしおりマークか、下のボタンをタップするだけ。どんどん活用してください♪

ネイルサロン集客活動はできていますか?

自分のネイルサロンページを編集しよう!

ネイルサロン情報を最新に更新していないネイルサロンは信用が下がり予約に繋がりません。今すぐネイルサロン情報を更新し予約が入る集客活動を始めましょう。

あなたのネイルサロンをネイルブックに掲載しませんか

ネイリストの独立成功への近道「ネイルブック」にネイルサロンを掲載したい方は下記からお申し込みください。

ネイルサロン集客レシピの公式インスタグラム

ネイルサロン集客レシピの公式インスタグラムができました。独立に成功したネイリストと、成功のポイントを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてください。