1. ネイルブック
  2. ネイルサロン集客レシピ
  3. 現役ママが考える「子連れOKサロンにあったら嬉しいサービス」

現役ママが考える「子連れOKサロンにあったら嬉しいサービス」

以前の記事でもお伝えした通り、子連れOKのプライベートネイルサロン需要は高まっています。ぜひ始めたいと考えているネイリストも多いのでは?子育て経験ありのネイリストはもちろん、経験がなくてもしっかりと準備をすれば子供もママも快適に過ごせるネイルサロンは作れます!この記事では、実際に7歳と2歳の2児のママである筆者が「子連れOKサロンにあったら嬉しいサービス」を紹介します!

1416

更新:2019/11/14公開:2019/9/19

---この記事は7分で読めます---

〇〇歳からOK!は明記してほしい

まだねんねしかできない低月齢の子と、歩き始めた1歳~2歳児、やんちゃ盛りの3~4歳児、分別つくようになってきたそれ以上の年齢の子だと、サロン側もママ側も準備するものが違ってきます。
サロンスペースの広さや対応できる年齢、用意できる設備によって受け入れ可能な年齢は変わるので、受け入れ可能な年齢はプライベートネイルサロン側でルールを決めておくと安心です。

受け入れ可能年齢が事前に分かっているとママも予約しやすいので、〇〇歳からOK!とサロンページに明記しておくと親切です。

ねんねの赤ちゃんにはフカフカのマットやブランケット

ねんねの赤ちゃんなら、寝かせておける1m角程度のマットレスがあれば、最低限OKです。さらにバウンサーもあるとゆらゆらさせて遊んだり、寝返りができる子でも安心して座らせておけるのでさらに嬉しいですね。

赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、ガーゼ素材のブランケットなどの用意があるとママは荷物が減らせてとても助かります。さらにオムツ替えに使い捨てのシート(ペットシーツなど)やオムツ処理袋があるととてもありがたいと感じてもらえるでしょう。

ガラガラやなどのおもちゃは好みもあり、赤ちゃんはなんでも舐めてしまうので衛生面や管理の手間から考えてもママに持ってきてもらった方が安心です。

よちよち歩きにはベビーガード

歩き始めた月齢の子にはベビーガードやベビーサークルなどの安全対策が必須!ある程度高さがあり、柔らかい素材だと安全性が高く、ママも安心できます。さらに回して遊べるガラガラのようなおもちゃや引っ張って遊んだりできるおもちゃが付いたものだと、それだけ用意すればいいのでサロン側としては導入もしやすく、便利でしょう。

床にはウレタンシートが貼ってあるようなふかふかしたクッションマット(通販サイトで「ジョイントマット」と調べるとたくさん出てきます)を敷くとなおいいですね。こういった安全対策できるグッズはかなり場所を取るので、設置できるかどうかは事前にしっかり確認をしましょう。

ママにはいつも食べているおやつやお気に入りのおもちゃを持ってきてくれるようお願いすると、長い施術時間も気を紛らわせてあげられるのでよいでしょう。
おやつを食べる時に使えるように、赤ちゃんが使えるウェットシートや使い捨てエプロンなどがあると喜ばれること間違いなしです。

遊びたい盛りにはブロックやおままごと人形など

3~4歳くらいになってくると、男の子おもちゃと女の子おもちゃの両方があるとありがたいです。男の子ならプラレールやトミカ、女の子ならぽぽちゃん人形など、定番人気のものがいいですね。
柔らくて大きめのブロックなどもひとり遊びに向いていて、あったら嬉しいおもちゃです。ブロックなどは抗菌素材を使ったものもあります。使用後のケアも楽なので、サロン向きと言えますね。

まだまだおもちゃを投げたり叩きつけたりする年齢なので、保護のためにもクッションマットは引き続きあった方がいいでしょう。お話は通じる年齢ですが、不意におもちゃを口に入れたりするので、誤飲の危険があるチャイルドマウスを通るような小さなおもちゃは避けるのが安心です。

チャイルドマウスについて

分別のつく年齢の子にはDVDなど

幼稚園年長さんくらいになると、そこそこ長時間でも一人でちゃんと待っていられる年齢です。とはいえ2時間ずっとおもちゃで遊んで待っているのは難しいので、DVDなどを用意しておくといいでしょう。プレイヤーを用意しておいてDVDは持参してもらうのもアリです。

月定額の映像配信サービス(Amazonプライムビデオなど)には子供向けコンテンツも多いので、そういったサービスを取り入れるのもいいですね。筆者自身子連れで通っている美容院にはAmazonプライムビデオが導入されていて、いつも安心して足を運べ助かっています。YouTubeも効果的だそう。

タブレットを貸し出す場合は、落としても大丈夫なように子供用保護ケース(ハンドルが付いていたり、スポンジのような素材だったりするもの)に入れておいてくれるとママとしてはハラハラせずにすむのでありがたいです。通販サイトで調べると子供用ケースはいろいろと出てきます。

このくらいの年齢になると多くの子が一人でお手洗いに行けます。来店時にお手洗いの説明をしておく、踏み台を用意するなどしておけば、大人のみで来店した場合とほとんど変わらず施術できるでしょう。

少しずつ受け入れ年齢の幅を広げるのもあり

しっかりと準備していても、子供は予想外のことをする可能性があります。何かあった場合の免責などはルールを決め、最初に説明しておきましょう。

たとえネイリスト側に子育て経験があっても、お客様の子供が一緒に来店するのは緊張するものですよね。いきなりどんな年齢の子でもOKとするのではなく、「幼稚園以上の子OK」など受け入れやすい年齢の子から始めるのもいいでしょう。慣れていきながら、キッズスペースを少しずつ改良していけば、自信を持って「子連れOKサロンです!」と言える空間を作り上げられますよ。

どんな年齢の子を受け入れる場合でも、まず第一に安全。そして快適さを大切に、子連れOKサロンへの道を踏み出してみましょう!

自身のサロンページを見る

執筆・編集

fan
ネイルサロン集客レシピ編集長:竹久 真生

子連れサロンに関する記事をもっと読む!

ネイルサロン集客レシピに関するアンケート

ネイルブックではサービス向上のため、ネイルサロン様にアンケートのご協力をお願いしております。
ネイルサロン集客レシピの取材記事にご協力いただける方、読みたい記事に関するご意見など、
ネイリストの皆様からのご意見お待ちしております✰⋆。:゚

回答する

お気に入りに追加しよう♡

お気に入りに追加すれば、メニュー>お気に入り記事からいつでも読み返せるようになります♡
お気に入り登録はTOP画像右のしおりマークか、下のボタンをタップするだけ。どんどん活用してください♪

▹▸ネイルブックガイドページはこちら

ネイルサロン集客活動はできていますか?

自分のネイルサロンページを編集しよう!

ネイルサロン情報を最新に更新していないネイルサロンは信用が下がり予約に繋がりません。今すぐネイルサロン情報を更新し予約が入る集客活動を始めましょう。

自店のサロンページを編集する

あなたのネイルサロンをネイルブックに掲載しませんか

ネイリストの独立成功への近道「ネイルブック」にネイルサロンを掲載したい方は下記からお申し込みください。

ネイルサロンの掲載申し込みをする

ネイルサロン集客レシピの公式インスタグラム

ネイルサロン集客レシピの公式インスタグラムができました。独立に成功したネイリストと、成功のポイントを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてください。

集客レシピ公式インスタグラム

友達に共有する

新着記事

NEW

研究し尽くしたコンセプトで、地域密着の選ばれるネイルサロンに!| お悩み相談室◎Coti nail コチネイル

高いクオリティの技術を提供しながらも駅近・定額で通いやすいコンセプトで、巻き爪矯正の上からジェルOK、ダメージネイル対応などお客様の需要をしっかりと汲んだメニューを打ち出し、地域密着型ながら予約の絶えない人気サロン・お悩み相談室◎Coti nailさん。ネイルブックスタッフも思わず唸るネイルブックを120%使いこなすPR力の秘密に迫ってきました!

540

特集に載って集客につなげたい!掲載されるためのコツを伝授!

旬のデザインを紹介している「ネイルブック特集」、ご覧いただいていますか?ネイルブック特集はネイルサロンを訪れるお客様向けのメディアで、特集を見て好きなデザインを発見→予約、と流れているお客様が多くいます。掲載されると集客効果がアップが見込めるネイルブック特集、「載りたいけどなかなか載れない」とお悩みのネイリストに掲載されるコツを伝授します!

470

2019年12月公開の記事まとめ|ネイルサロン集客レシピ

うっかり見逃してしまった時に便利なのが、集客レシピのまとめ記事♡ お気に入り記事として保存しておけば、見たい記事を自分の好きな時間に好きな場所で楽しむことができますよ。

1093

開業から6年。たくさんのお客様に愛され続ける秘訣とは?

前回はケア重視にこだわる理由やお肌に馴染むカラーをブレンドという独自のサービス、おしゃれな物件との出会いなどについて伺った恵比寿のプライベートネイルサロンnail salon mukuさん。今回はデザインや収納テクニック、開業時の悩みやネイルブックを使っての感想をご紹介します!

5362

記事を検索

カテゴリから探す

目次

  1. 1. 〇〇歳からOK!は明記してほしい
  2. 2. ねんねの赤ちゃんにはフカフカのマットやブランケット
  3. 3. よちよち歩きにはベビーガード
  4. 4. 遊びたい盛りにはブロックやおままごと人形など
  5. 5. 分別のつく年齢の子にはDVDなど
  6. 6. 少しずつ受け入れ年齢の幅を広げるのもあり
  7. 7. 執筆・編集
  8. 8. 子連れサロンに関する記事をもっと読む!

人気の記事

ネイルサロン開業準備に悩んだら読む初めてガイド

40697

開業から6年。たくさんのお客様に愛され続ける秘訣とは?

5362

2019年12月公開の記事まとめ|ネイルサロン集客レシピ

1093

NEW

研究し尽くしたコンセプトで、地域密着の選ばれるネイルサロンに!| お悩み相談室◎Coti nail コチネイル

540

特集に載って集客につなげたい!掲載されるためのコツを伝授!

470

「長くネイルを楽しんでほしい!」そんな思いの詰まったケア重視のおしゃれなネイルサロン| nail salon muku

8451

プロのネイリストとしての心構えを再確認。ネイリストとはどんな仕事なのか

1232

ツヤツヤちゅるんとしたネイルデザイン写真の共通点発見!秘密は〇〇!?

4498

怪我や衣類の破損など施術中のトラブル。万が一の備えはしてる?

2074

ネイリスト歴15年の人気サロンオーナーがたどり着いた究極の集塵機はコレ!

5164