【FAQ】お気に入りはされるけど予約が少ない

85

更新:2020/1/30公開:2019/10/1

ネイルサロンが「お気に入り」されるということは?

あなたのサロンに興味をもっているお客様がいるということです。「お気に入り」はされるけど、なかなか予約に結びつかないときは、あなたのサロン情報が不足していたり、わかりづらかったりし、予約するのを躊躇している状況です。

下記を参考にわかりづらい点を解消し、迷っているお客様の背中を押す工夫をしてみましょう。

わかりやすいメニュー構成

定額や初回限定などのコースメニューを用意して、予約するメニューが選びやすいように工夫しましょう。メニューが多く並んでいるとどれを選んでよいかわからず、お客様は離脱してしまいます。

パーツのような来店当日に決めるようなオプションメニューは「メニューの編集」から「ネット予約を受け付けない」に設定しておきましょう。

オフメニューは「付替オフの設定」から設定して、お客様がメニューを選んだ後に選択するようにしましょう。

キャンペーンの実施

予約を躊躇しているお客様の背中を押すためにメニューに「初回割引」や「マンスリーキャンペーン」「ネイルブック限定キャンペーン」などを用意しておきましょう。

季節やイベントに合わせたキャンペーンも効果大です。

ネイルブックから予約をするお客様はあなたのネイルアートや世界観に共感をもっていることから、リピートにつながる可能性が高いため、初回に割引しても長期的には利益増につながります。

キャンペーンを用意したら「サロン情報の編集」の「サロン最新情報」でキャンペーンのお知らせをしましょう。

安心感を与えるネイリスト情報

はじめてのサロンに行くお客様は「どんな人に施術されるんだろう」と不安を抱えています。あなたの雰囲気が伝わる写真、自己紹介文があると安心感を与えることができます。

顔を出すことに抵抗があるのであればマスクをしたり横顔や遠目の写真にするなど工夫をして、お客さまを安心させてください。

利用体験を伝える口コミ投稿

口コミが1件もないネイルサロンは、はじめてサロンに行くお客様が「このサロンは大丈夫?」と不安になります。 あなたのサロンのリピーター顧客などに協力いただき、口コミを投稿してもらいましょう。

口コミ投稿の際、必ず施術したネイル写真を添えて投稿することをお伝えください。予約を迷っているお客様は、ネイル写真のある口コミを参考にされています。

この記事のカテゴリ

お気に入りに追加しましょう

お気に入りに追加すると「メニュー > お気に入りした記事」から、いつでも読み返せるようになります。

お困りのことはございませんか?

お困りのことがございましたら、「サロン管理」の「お困りですか?」ボタンから気軽にお問い合わせください。サポートから返信があった場合はネイルブックアプリにもお知らせされます。